父の日が来るたびに肩身のせまい思い

故障車買取

だけではなく子供にまで暴力をふるう夫に耐え切れず離婚しましたが、あれだけ夫に暴力をふるわれて怯えていた子供がいざ離婚してからは「もうお父さんに会えないの?」と寂しがるようになりました。

離婚前は友達の輪の中心になって遊んでいた我が子でしたが、離婚後はまったく友達を作ろうとはせず、環境の変化のせいかと思っていたら「他の子のお父さんの話を聞きたくないから」と言われました。

どうやら子供達の会話の中で父親ネタが出てくると我が子だけがその話の輪の中へ入れず孤立してしまうため、最初から輪の中に入っていくことをやめてしまったようです。

今は父子家庭の子供と仲良くしていますが、今後も片親家庭の子供同士で固まるのかと思うと世間が狭くなりそうで心配です。

学校では父の日が近づくと国語の時間に父の日作文を書かされます。

最近は片親家庭に配慮して片親の子供達だけ別室で自由に作文を書かせるそうですが、別室に連れていかれるたびに悪目立ちをしてしまうので我が子は嫌がっているようです。

更に図画工作の時間は父親の絵を描かされます。

我が子は父親を描かずに祖父を描いたのですが、良くも悪くも絵が上手な方なので教室横の廊下に優秀な絵として貼りだされてしまい、片親であることを知らない他のクラスの子にまで片親家庭の子供と知れ渡り二重に嫌な思いをさせられました。

また、デパート等では父の日に合わせてイベントが用意されていたり、園児が描いたパパの絵が飾られていたりして、これが毎年続きます。

離婚前は気づきませんでしたがこんなにも世の中は片親家庭の子供に無神経なのだと悲しくなりました。

カテゴリー: 事故車を売る | タグ: | 父の日が来るたびに肩身のせまい思い はコメントを受け付けていません。

ファッションチェックしてくれるセンスのいい娘

娘と私は20歳しか離れておらず、姉妹のようにしてきました。夫が亡くなってからもずっと2人で仲良く暮らしてきました。

娘は洋服やおしゃれが大好きで、中学生になった頃には「洋服のデザイナーになりたい」「スタイリストになりたい」と言うようになりました。そんな娘は私のファッションにもとても口うるさく、いちいちファッションチェックをしてきます。

中学生になったころからすでに「お母さんそれ、おばさんくさい」「その色とその色は合わせたらだめでしょー」「それだと足が短く見えちゃうよ」等と口を挟んできていました。

埼玉県輸入車売却

そんなにファッションが好きな娘なので、娘自身はとても見た目に気を使っていました。中学の制服はいつも綺麗にアイロンかけし、朝ごはんの30分前に髪をきれいに結い上げていました。

おしゃれ大好きな娘が働きだしてからは、お給料はほぼファッションに注がれています。娘はアパレル関係で働いているので社員割引で洋服やバッグ、靴など少し安く買えるのです。それで私もよく買ってきてもらいますが娘の見立ててくれた格好で出かけると、とても好評を頂くことが多いのです。

いつも「おしゃれねー!スタイリストさんついてるみたい」などと言ってもらいます。おしゃれな娘にとても感謝しています。サイズも近いので、共有している洋服やバッグもあります。一緒に買い物にも本当によく出かけます。

スタイリストのごとく厳しく意見してくれるので買い物にも失敗がなく、ありがたいです。こんなことができるのは娘がいる特権かなと思っています。

カテゴリー: 中古車を売る | タグ: | ファッションチェックしてくれるセンスのいい娘 はコメントを受け付けていません。

娘がCAとして乗務する便でニューヨークへ

娘が航空会社に入社し、子供の頃からずっと夢だった客室乗務員として働きだしてから、早くも10年が経ちました。若くして娘を産んだ私と娘は姉妹のように過ごして来て、娘が客室乗務員になりたいと言った時は反対しました。

子供の頃からの夢だったとはいえ、収入反対良くないし体もきついということを私は姉が客室乗務員だったのでよく知っていました。それでもどうしてもと言い、夢を叶えた時は本当は誇らしくて褒めてあげたかったのに、素直によくやったねと言えず、まぁ嫌になるまで頑張りなさいとしか言えませんでした。それなのに、もう10年も頑張ってきたのです。

自分の娘ながら、よくやってきたと思います。そこで10年経って初めて、娘の便で旅行に行くことにしました。都内でシロアリ対策

娘が乗務するニューヨーク便に乗りました。ニューヨークは初めて2人で旅行した海外でもあります。この日のフライトは終始揺れもなく、快適なフライトでした。

娘はアナウンスを入れたり、立派に英語を話して外国人のお客様と会話をしていました。制服姿が凛としていて、後輩たちにも笑顔で、とても慕われている様子でした。

私の方を見て時々微笑んでくれます。そして、「寒くない?」などと声をかけてくれたりもしました。本当に誇らしく、自慢の娘だと思いました。そしてあと1時間で着陸というとき、娘がスッと手紙を渡してくれました。読むと、私への思い、感謝、この仕事への誇り、これからもよろしくね、と本当に素敵な文章が綴られていて涙がこぼれました。

ニューヨークについてからは娘とも合流し、素敵な時間を過ごすことができました。
また娘の便に乗りたいなと思っています。

私が離婚を決意して娘の親権を苦労して手に入れて本当に良かったと思う瞬間でした。
離婚の時は大変な思いをしましたが、離婚の交渉は法的知識がとっても役に立つのです。最近私が離婚を思い出してインターネットで見つけたのが「離婚相談情報」です。

よかったら参考にしてみてください。

カテゴリー: マイホーム設計 | タグ: | 娘がCAとして乗務する便でニューヨークへ はコメントを受け付けていません。

一戸建てを購入しようと。

二人目の子どもの妊娠がわかり、1LDKの賃貸マンションが手狭になったので、一戸建ての購入を検討しています。それも賃貸併用住宅に興味があります。

仕事の関係上、駅から近く通勤に便利な方が良いということで場所は決まりました。

あとは家の中について色々と決め始めているのですが、ここで自分の希望をおさえる必要はないかなと思ってキッチンや壁紙などこだわっていたところ、費用がかかりすぎる夫に怒られてしまいました。

たしかに費用は最初の見積もりよりも大分上がってしまいましたが、これから一生住む家なのに、妥協はぜったいしたくありません。こどもの遺伝子検査

どうすれば良いだろう。最近、夫が帰ってきてもあまり会話がなくて子どもを通してでしか話せなくなってきました。

子どもを産んでからケンカも多く、この人と一生一緒にいなきゃと思うと少し気が滅入ります。夢のマイホームなのにこんな雰囲気でこれからやっていけるのかなと不安でした。

そんなことを悩んでいたある日、夢をみました。もう子どもが巣立っていて、家には私と夫の二人きりでした。

ご飯を作らなきゃとキッチンに行くと、一口コンロしかない古ぼけた狭いキッチンでした。そこは、まだ学生でお金がないわたしが初めて一人暮らししたときのアパートのキッチンそっくり。

「こんな狭くて、ご飯なんて作れない」と言うと、夫が「君が作ったカレーが好きだよ」と言いました。そこで目が覚めました。

そういえば、わたしはあの狭いキッチンで付き合ったばかりの夫にいつもご飯を作ってあげていました。狭すぎてカレーとかチャーハンとか一品しか作れなかったけど、嬉しそうに食べていたな、と思い出しました。

そうか、子どもが巣立ってしまったらわたし達はあのアパートにもどるのか。なら別にキッチンは狭くてもいいのかもしれない。その日はカレーを作って、夫と話し合うことができました。

カテゴリー: 子育て計画 | タグ: | 一戸建てを購入しようと。 はコメントを受け付けていません。

運が良かったアパート探し

長らくお付き合いしていた彼と同棲が決まり、アパートを探していたところ、インターネットで2DKの安い物件を見つけ、早速見学のために不動産屋に行きました。

しかし、残念ながらお目当の物件は囮物件だったようで見せてもらえず、仕方ないので、少しだけ予算を上げて近くの物件を見学することになりました。

三軒見せてもらったのですが、偶然にも双方の勤務先から中間地点にお目当に近い物件があったので、そちらで契約しました。

職場から近い物件ということもあり、仕事のしやすさで選んだ物件だったのですが、なんとそこは空室ができてもすぐに埋まってしまう超優良物件で、敷金さえ払えば、ペットも飼えるアパートとして知られていたのです。

ご近所さんのワンちゃんが鳴く声などが聞こえるので、人を選ぶかもしれませんが、動物好きな私たちはアパートでも動物が飼える優良物件に満足感を得ました。

また、この物件は支えてくれる周囲の人の存在があり、まさに田舎のアパートという感じなんです。

まず、大家さんですが、優しくもチャキチャキの江戸っ子のような老婦人で、時間があれば、アパート周辺のお掃除をして下さるまさに管理人さんというような方。

実は、引っ越してすぐの頃に、リビングの電気がつかないというアクシデントがあったのですが、すぐに新しい電灯を購入できるよう手順を進めて下さり、とても手際よく対応していただきました。

また、物件と一緒に契約していた駐車場に違反駐車されて困っていた時にも、ナンバープレートから思い当たるご近所を回って、叱責してくださったこともあり、人生の大先輩としてとても尊敬できる方です。

また、この駐車場の他にも月極駐車場を契約しているのですが、そちらの管理人さんも優しい方で、駐車料金を支払いに行くと、いっぱいの野菜や果物を手土産に下さり、知り合いが車で来ることを報告すると、ニコニコしながら楽しんでね、と声をかけてくれるんです。

他にもジョギングのアドバイスをくれたおば様や、裏道を案内してくれた同じアパートの外国人のお姉さんなど、魅力溢れる人達と生活できる今の環境が最高です!

カテゴリー: 事故車を売る | タグ: | 運が良かったアパート探し はコメントを受け付けていません。